doctop06f2 doctop08f2
doctop01
| Top | 谷村医院 |

肺がん

 日本の肺がんは増加傾向にあり、死亡原因のトップです。一般ドックでの胸部レントゲン写真では診断できない早期肺がんを、肺マルチスライスCT(肺の高精細断層撮影)を用いて診断します。

 また読影は胸部外科、肺がんの専門医が担当します。喫煙者、咳・痰の多い方は、特にお奨めします。

■肺マルチスライスCT

■肺デジタルX線

■喀痰細胞診

 最新鋭の高速マルチスライスCTで一回の息止めで全肺野を断層(輪切り)撮影し、微小な病変も検出、専門医の読影で診断します。さらにデジタルX線と喀痰細胞診を加えてより精密な検診を実施します。

Copyright (c) 2009 Takarazuka Medical Square All rights reserved 医療法人社団 宝塚メディカルスクウェア 〒665-0011 兵庫県宝塚市南口1-8-26

doctop06 doctop08