naishilogo
Message
| Top | 谷村医院 |
 内視鏡センター看護スタッフからのメッセージ

胃内視鏡検査とは・・・

 くちからカメラを入れて、食道・胃・十二指腸を観察する検査です。苦しいといったイメージあるかと思いますが、当院では鎮静剤を使用し楽に検査を受けていただけます。初めての方もこれまでに苦しい経験をされた方も安心してお受けください。

大腸内視鏡検査とは・・・

 おしりからカメラを入れて大腸全体を観察します。しっかり観察するためには細かい食べかすも残らないように大腸の中を十分にきれいにする必要があります。

当院では・・・

 検査の前日より準備をお願いしております。

 前日は普通の食事ではなく専用の検査食を昼食より食べていただきます。この検査食は消化がよく食べかすが残りにくく作られています。量も内容も多少物足りなく感じるかと思いますが、水・お茶などの水分はたくさんとっていただいてもかまいません。また夜9時には下剤も服用していただきますので、夜間数回の排便もありのども渇きます。水分はしっかりとおとりください。日ごろより便秘の方は当日排便がスムーズにすすむようにあらかじめ便通を整えておく必要がありますので予約時にご相談ください。

検査当日は・・・

 絶食で朝より来院していただき、こちらで腸内をきれいにするおよそ2リットルの腸洗浄液を飲んでいただきます。個人差はありますが、洗浄液を飲みはじめてから1時間ほどで排便がはじまります。排便の状態は失礼ですが看護師、検査技師が数回確認させていただき、すっかり腸内がきれいになりましたら検査衣に着替え検査へとすすめていきます。

 2リットルの洗浄液が苦手な方には錠剤での前処置も行えますのでお申し出ください。

syochi 検査の当日は数多くトイレに通わなければなりませんが、当院では大腸内視鏡検査を受けられる方専用のトイレを用意しております。ウォシュレット・消毒も完備していますので安心してお使いください。たくさんの洗浄液を飲むことや検査への不安があるかと思いますが、すぐ側にはナースステーションがあります。ちょっとしたことでも結構です、何か不安なことがあればいつでもお声をかけてください。また、少しでも皆様の気分を和らげリラックスできればとDVDによる映画も上映しております。

回復室では・・・

 検査終了後はそのまま回復室へと移動します。内視鏡により空気で腸は張っています。ゆっくりとガスが出るまで休んでください。気分もよく回復が順調であれば着替えをし、検査後の説明を受けお帰りとなります。また当院ではポリープがある場合はできる限り切除させていただきますので、ポリープ切除をされた方はなおゆっくりと休んでいただきます。

 気分が悪くなることや何か心配なことがありましたら常に看護師がついておりますので安心してお尋ねください。

TMS内視鏡センターtopへ戻る

Copyright (c) 2009 Takarazuka Medical Square All rights reserved 医療法人社団 宝塚メディカルスクウェア 〒665-0011 兵庫県宝塚市南口1-8-26