item1a
logo1
| Top | 谷村医院 |

 消化器疾患の診断と治療食道

胃・大腸疾患の診断と治療

・胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の治療

・ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)除菌治療

・胃がん・大腸がんの精密検診

・胃・大腸ポリープ、早期がんの内視鏡治療

・神経性胃炎・過敏性腸症候群の治療

(ストレス、自律神経失調による消化器症状)

 

肝臓・胆のう・すい臓疾患の診断と治療

・肝・胆・すい疾患の超音波(エコー)、CT診断、MRI診断

・肝炎、脂肪肝、アルコール性肝障害、肝硬変

・胆石症、胆のうポリープ、すい炎の治療

 

腹痛、胃痛、胸やけ、げっぷ、食欲不振、吐き気、膨満感、

下痢、便秘、血便などの消化器症状全般

 

 食道・胃・大腸の内視鏡診断と内視鏡治療(日帰り内視鏡手術)

 現在では食道や胃、大腸などの早期がんに対して内視鏡による治療がどんどん行われています。内視鏡による治療はお腹や胸を開ける外科手術と異なり、何の後遺症も残らない究極の縮小手術(機能温存手術)といえます。また少し大きくなってしまい内視鏡で切除出来ない場合にも、最近では「腹腔鏡下手術」によって大きく切らないでダメージの少ない外科手術が普及してきています。

 胃・大腸などの早期がん発見を目的とした場合、現在最も精度の高い検査法は内視鏡検査です。内視鏡の場合胃・大腸の粘膜を直接観察できるだけでなく、病変が発見されたら必要に応じて即座に生検(組織を顕微鏡で調べる検査)を行ったり、病変全体をその場で切除してしまう(内視鏡下粘膜切除術:EMR)ことも可能です。以上のことから胃がん、大腸がんの第2次予防には内視鏡による定期検診が最も適しているといえます。

*内視鏡下粘膜切除術:EMRは現在大腸のみ行っております。

 

 肛門疾患の診断と治療

・痔核、痔瘻・肛門周囲膿瘍、裂肛

 

 乳腺疾患の診断と治療

乳がん精密検診

・視・触診 エコー(超音波) マンモグラフィー

専門領域
item7b
item7b1

谷村医院topへ戻る

Copyright (c) 2009 Takarazuka Medical Square All rights reserved 医療法人社団 宝塚メディカルスクウェア 〒665-0011 兵庫県宝塚市南口1-8-26

診療時間 乳腺外来