item1a
Message

胃がん、大腸がんは「完治する」時代です。

 

 現代は2人に1人が「がん」になると言われています。

「がん」が増えていると言うより、がん検診の普及と診断技術の進歩により病変の発見頻度が飛躍的に上がった結果だと思われます。

 胃がんを例にとりますと、胃がん検診は日本では古くからバリウム検査(胃透視)が広く行なわれてまいりましたが、近年その検査の特性による低い発見精度、放射線被爆、バリウム飲用による弊害などが問題視されています。

 そのためバリウム検査に代わって内視鏡検査や血液検査(胃がんリスク検診・ABC検診)を取り入れる郡市区、企業が増えてきています。

 胃がんの早期発見に内視鏡検査が最も有用である事は異論のないところですが、検診で行なう際には施行医の経験や技術による精度のばらつき、あるいは検査の苦痛などが問題になります。生検(組織検査)を行なえない事もネックになっています。

 その点ABC検診は検体検査(血液検査)であり、検診施設間での精度のばらつきはありません。

 また胃がん発生の危険因子として最も重要な「ピロリ菌感染」とそれに伴う「慢性胃炎=萎縮性胃炎」の有無を一定の精度を持って推察できます。従来のバリウム検査ではピロリ菌感染の有無は判断できません。

 ABC検診で「A群」以外の判定を受けて方は専門医による内視鏡検査を受けて下さい。その結果ピロリ菌感染が確認されたら除菌治療を行ないます。現在の除菌成功率は1次、2次除菌を合わせますとおよそ90%です。

 除菌により胃がんの発生リスクは大きく下がりますがゼロにはなりませんので除菌成立を確認後には1年に1回の内視鏡による定期検査で早期発見に努めます。このように胃がんに対する予防措置を行なえば、胃がんで寿命を縮める事はほぼ100%防げると言っても良いでしょう。

 大腸がんの場合は「便潜血検査」が普及しています。大腸がん死亡を減少させる有用な検診ですが、「便潜血検査=大腸の検査」ではありません。

 便潜血反応が恒常的に陽性となるのは2cm以上の病変と言われています。2cm以上の大腸病変の多くは「進行がん」です。便潜血検査は無症状の進行大腸がんをピックアップできますが、出血を伴わない早期がんやポリープはチェックできません。

 大腸がんの危険因子は生活習慣(赤身肉、加工肉、喫煙、飲酒)や肥満、家族歴などが挙げられていますが、胃がんのピロリ菌ほど決定的な危険因子は特定されておらず、ABC検診のようなリスク検診は大腸がんでは現在実用化されていません。

 そのため大腸がんに対するディフェンスは内視鏡検査しかないと言えます。40あるいは50歳くらいで皆さんが一度内視鏡検査をお受けになったら大腸がん死亡は劇的に減少する事は間違いありません。しかし現時点で内視鏡検査を検診で行なう事はマンパワーやコストの問題で実現の見通しは立っておりません。

 便潜血検査は有用な「集団検診」であり否定するものではありませんが、やはり一度「自費」ででも内視鏡検査を受けて頂きたいと思います。

 2001年に宝塚メディカルスクウェアが診療を開始して以来、総内視鏡検査件数は胃・大腸を合わせて150,000件以上施行してまいりました。年間100名以上の早期胃がん、早期大腸がんを発見し皆さま「完治」しておられます。

 2019年9月以降、当院はより一層内視鏡検査、治療に力を注いでまいります。皆さまの胃がん、大腸がんに対するディフェンスをサポートしてまいりたいと考えております。

 

2019年8月7日  谷村雅一

Copyright (c) 2009 Takarazuka Medical Square All rights reserved 医療法人社団 宝塚メディカルスクウェア 〒665-0011 兵庫県宝塚市南口1-8-26

プロフィール写真

谷村雅一(たにむら まさかず)

医学博士

日本消化器外科学会認定医

 

略歴:

1957年生れ 宝塚市出身

1976年 甲陽学院高等学校卒業

1982年 大阪医科大学卒業

1982年 大阪医科大学

    一般・消化器外科学教室 入局

1992年 大阪医科大学 助手

1997年 現職