item1a
Message

谷村雅一(たにむら まさかず)

医学博士

日本消化器外科学会認定医

 

略歴:

1957年生れ 宝塚市出身

1976年 甲陽学院高等学校卒業

1982年 大阪医科大学卒業

1982年 大阪医科大学 一般・消化器外科学教室 入局

1992年 大阪医科大学 助手

1997年 現職

 

 

 

 大阪医科大学、消化器外科在籍中は消化器疾患の内視鏡診断、内視鏡治療、腹腔鏡下手術を専攻し、特に早期がんの診断と治療の研鑽を積んでまいりました。

 この30余年の間に早期がんの診断技術は目覚しく進歩し、それに伴って早期がんに対する治療法もずいぶん変わってまいりました。

 がんは予防する時代です。「がん予防のために発がん物質を避け、発がんを抑制する要素を積極的に取り入れる」のが一番大切(第一次予防)です。その次に重要なのが「早期発見・早期治療」(第二次予防)と言えます。

 最近がん検診といえばPET−CTが注目されていますが、食道や胃、大腸などの消化管癌の早期発見には内視鏡による詳細な観察が最も精度が高いと言われています。

 内視鏡検査は一般につらい、苦しい、痛いというイメージをお持ちの方も多く、今でも検査を敬遠される方が少なくありません。

 TMS内視鏡センターでは可能な限り安全で苦痛のない正確な内視鏡検査を目標に、医師、内視鏡検査技師、看護スタッフは常に技術や知識の向上に努め、設備、機器類も現時点で考えられるベストのものを揃えています。

 さらに内視鏡だけでなく、補助診断として欠かすことのできないレントゲンやCT、マンモグラフィー等の画像診断機器も、2016年6月から7月に、現時点ですべて最新鋭の装置に更新し、より精密な画像診断と患者さまへの放射線被爆線量の低減化に努力を続けております。

 また増えつつある乳がん、肺がんに対しましては、各分野の専門医を招聘して最新の診断機器を駆使してトータルなケアを行ってまいります。

 2001年1月に宝塚メディカルスクウェアが診療を開始して16年目を迎えました。総内視鏡検査件数は胃・大腸を合わせて120,000件以上施行してまいりました。

 年間100名以上の早期胃がん、早期大腸がんが発見されて早期治療が行われています。その中にはお腹を切らない「内視鏡治療」だけで完治した患者さまも大勢おられます。

 乳がんも年間40名以上の方が発見され、そのうちほとんどの方が乳房温存手術で完治されています。

その他肺がん、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤なども数多く見つかり、適切な治療を受けておられます。

 入院治療の必要な患者さまは深い信頼関係を持って連携して下さっている病院の先生方にご紹介させていただいておりますが、手術が終わって元気なお顔で帰って見えたときは本当に大きな喜びを感じます。

 2009年に診療スペースを拡張、リフォームを行い、施設名、診療科名も診療内容に即したものに変更いたしました。 これからも現在のスタイルをより安全、正確に向上、発展させて行くことはもちろんですが、乳腺、呼吸器の専門医の先生方のご協力の下、幅広く皆さまの健康をお守りしていきたいと考えております。

 

(2016年8月7日 記)

Copyright (c) 2009 Takarazuka Medical Square All rights reserved 医療法人社団 宝塚メディカルスクウェア 〒665-0011 兵庫県宝塚市南口1-8-26

プロフィール写真