icon
webcliniclogo
ピロリ菌と胃・十二指腸潰瘍
| Top | 谷村医院 |

QAピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)ってなんですか?

 ピロリ菌は、胃の中に住む細菌で、「日本人のおよそ二人に一人が感染している」という、ごくありふれた菌です。特に年代が高いほど、ピロリ菌の感染率が高く、40歳以上では、およそ80%の人が感染しています。胃潰瘍の患者さんのうち約90%に、十二指腸潰瘍の患者さんではそのすべてに、ピロリ菌感染が見られます。

 ただし、ピロリ菌に感染しているからといって必ず潰瘍ができるわけではありません。また、ピロリ菌に感染していなくても、潰瘍はできることがあります。ピロリ菌に感染している上に、ストレスなどが加わると慢性潰瘍が発生しやすくなります。

QA1どのようにしてピロリ菌に感染するのですか?

 感染経路はまだ、はっきりとはわかっていませんが、口を介した感染(経口感染)が大部分であろうと考えられています。(離乳食期の赤ちゃんに大人がかみくだいたものを与えるというような習慣も原因の一つに考えられています。)
また、ピロリ菌の感染率は、衛生環境と関係していると考えられており、上下水道が十分普及していなかった世代の人で高い感染率となっています。

QA2感染を予防する方法はありますか?

 ピロリ菌を感染を予防する方法はよくわかっていませんが、衛生環境が整った現代では、ピロリ菌の感染率は著しく低下しており、あまり神経質になる必要はありません。

QA3ピロリ菌に感染している人は、みんな除菌したほうがいいのですか?

 日本人のピロリ菌感染者の数は約6000万人といわれていますが、ピロリ菌が原因で胃潰瘍や十二指腸潰瘍になっている人はそのうちのごくわずかです。ピロリ菌感染者であっても、症状もなく、健康に暮らせる人も多いのも事実です。 除菌療法の対象となる人は、胃潰瘍または十二指腸潰瘍の患者さんでピロリ菌に感染している人です。

QA4ピロリ菌の除菌療法とはどのようなことをするのですか?

 胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんに対して検査を行い、ピロリ菌がいることを確かめてから治療を行います。ピロリ菌の除菌療法とは、2種類の「抗生物質」と、「胃酸の分泌を抑える薬」の合計3剤を同時に1日2回、7日間服用する治療法です。すべての治療が終了した後、4週間以上経過してから、ピロリ菌が除菌できたかどうか、もう一度検査する必要があります。

QA5除菌の成功率はどれくらいですか?

 正しくお薬を服用すれば、ピロリ菌の除菌は約90%の確率で成功します。

QA6除菌療法の副作用はありますか?

 抗生物質を2種類も服用しますので、腸内細菌のバランスがくずれ、便がゆるくなったり、下痢を起こしたりすることがあります。また、食べ物の味をおかしいと感じたり(味覚異常)、にが味や金属のような味を感じたりすることがあります。

QA7副作用があらわれたらどうすればいいのですか?

 軟便、軽い下痢、または味覚異常の場合は自分の判断で、服用する量や回数を減らしたりせずに、残りの薬を最後まで(7日間)服用を続けてください。ただし、服用を続けているうちに下痢や味覚異常がひどくなった場合、その他、気になる症状があらわれたときは、ただちにご相談ください。

Web Clinic topへ戻る

Copyright (c) 2009 Takarazuka Medical Square All rights reserved 医療法人社団 宝塚メディカルスクウェア 〒665-0011 兵庫県宝塚市南口1-8-26