icon
webcliniclogo
ピロリ菌感染診断
| Top | 谷村医院 |

 尿素呼気試験法の導入により、ピロリ菌感染の診断が、約20分で行えるようになりました。尿素呼気試験法は、患者さんの苦痛もなく、精度が高いため、現在では、検査法の主流となっています。

QAピロリ菌ってどんな菌ですか?piroritest01

 ピロリ菌は胃の中に好んで住みつき、胃の壁を傷つける細菌で、1983年に発見されました。胃の中は強い酸性であるため、細菌は住むことができないと思われていましたが、ピロリ菌は自ら住みやすい環境をつくりだして、生息しています。

 このピロリ菌の一部は、「胃炎」や「胃潰瘍」など、さまざまな胃の病気と関係していることが現在、明らかになっています。

 そのため、慢性的に胃の調子の悪い方は、ピロリ菌感染の有無を調べておく必要があります。

QA1尿素呼気試験法ってどんな試験?piroritest02

ピロリ菌に感染していると、胃の中の尿素は、ピロリ菌が分泌するウレアーゼ酵素によって、アンモニアと二酸化炭素に分解されます。この二酸化炭素は、吐く息(呼気)の中に含まれるので、この仕組みを利用してピロリ菌の有無を調べる検査です。

 まず、特殊な炭素(同位元素)を成分に含んだ尿素を飲んで、飲む前と、飲んだ約20分後に呼気をとります。

 成分を調べ、呼気の中に特殊な炭素が含まれていれば、尿素が分解されたことになります。つまり、ピロリ菌に感染していると考えられるのです。

Web Clinic topへ戻る

Copyright (c) 2009 Takarazuka Medical Square All rights reserved 医療法人社団 宝塚メディカルスクウェア 〒665-0011 兵庫県宝塚市南口1-8-26